So-net無料ブログ作成
グルメ・料理 ブログトップ
前の20件 | -

懐かしの「ナツメヤシ」! [グルメ・料理]

懐かしの「ナツメヤシ」!

先日、焼き芋のほしいも「ほしのこまち」を販売している会社から
「ナツメヤシ」のサンプルを戴きました。

CIMG0989.jpg

実は、「ナツメヤシ」という言葉は知っていたのですが、実物を見
たことがありませんでした。

8年前、ヨルダン・シリアに旅行に行った時、砂漠のオアシスに茂る
ナツメヤシの木とたわわに実るヤシの実を見ました。

この「ナツメヤシの実(デーツ)」を乾燥させたものが至る所で
売っています。

試しに買って食べた「ナツメヤシ」は、ねっとりと美味しく、家内は
すっかり気に入ってしまい、大量に買って帰りました。

その後、6年前に行ったモロッコでも至る所で「ナツメヤシ」を見か
け、色々な種類を買って食べ比べてみました。

CIMG0404.jpg

日本に帰ってから調べてみますと、日本でも輸入品を手に入れること
が分かり色々な所から買ってみたのですが現地で食べたような美味し
いものがありませんでした。

今回、サンプルで戴いたものは、まさに現地で食べたものとそっくり、
3種のサンプルも甲乙つけがたい美味しさです。

懐かしい「ナツメヤシ」にすっかり喜んだ家内は、早く売り出さないか
と心待ちにしています。
nice!(0)  コメント(0) 

海苔トースト:喫茶店流(9) [グルメ・料理]

久しぶり、東京13件目の「海苔トースト」は、渋谷の「SWING」です。

ここの海苔ト-ストの情報はかなり前から知っていたのですが、中々
出かける機会が無く、先日やっと訪れました。

渋谷の駅からかなり離れており、東急ハンズで「回り灯篭」の材料を
購入したついでに寄ってみました。

「SWING」は、通の間では名の知れた「ジャズ喫茶」です。

CIMG5103.jpg
CIMG5106.jpg

ここの「海苔トースト」はちょっと変わっており、醤油を振った薄切り
トーストに海苔を挟み、これを2組併せて間にバターをたっぷり。

最初、1組づつ食べようとしたら手にバターが付いてしまい、2組の
海苔トーストサンド4枚を一度に食べるのが良いのですね。

サンドイッチタイプですが、海苔のパリパリ感が残り大変美味しかった
です。
欲を言えば、「醤油」をちょっと控えめにすれば最高です。

ジャズを聴きながら、ドリップコーヒー片手に、「海苔トースト」
頬張るのも乙なものです。

nice!(0)  コメント(0) 

「ほしのこまち」の仲間? [グルメ・料理]

以前当ブログで紹介した「ほしのこまち」、その後何回か取り
寄せ楽しみましたが、知り合いにも紹介すると大変好評でし
た。
今回、同メーカーの新製品を2種類入手しました。

1つは、「ほしのこまち」紹介でも書きましたように、私の好み
ではお芋の皮を剥いた方がよいのですが、かなり面倒です。
しかし、今度は皮を剥いた新製品「夢こまち」 が発売されました。

これは良かったと喜んだのですが、皮付きの「ほしのこまち」
の方が味が良かった気がします。

yumekomati.jpg

2つ目は、「ほしのこまち」とは全く異なる製法なんでしょうか、
丸々と柔らかくプリンのようにスプーンですくって食べること
が出来ます。
imo-01.jpg

早速、冷蔵庫で冷やして半分にカット、アイスクリームを
添えておしゃれなデザートとしてみました。
なかなかおいしいのですが、未だ商品名は無いようです。
imo-02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

梅の味噌漬け [グルメ・料理]

以前、仕事の関係の方から「梅の味噌漬け」の話を聞きました。

「梅の焼酎漬け(梅酒)」や「梅の砂糖漬け」、「梅ジャム」
なんてのはよく聞きますが…

今年はなぜか大量の青梅を戴いたので、梅酒、砂糖漬け、ジャム
のほかに「梅の味噌漬け」にチャレンジしてみました。

作り方は簡単、梅を洗い良く水気を拭いて、味噌の中に漬け込む
だけ。

1ヶ月ほどそのままにしておくと、梅から水分が出て味噌が柔らか
くなってきます。
ume-02.jpg

先ずは、梅のエキスが溶け出した味噌にちょっと砂糖を加えて、
「茄子とピーマンの炒め物」を作ってみました。
ume-01.jpg

普通の味噌炒めより、ちょっと酸味が効いた上にコクが増した
ようで美味しく戴けました。
ついでに同じ味噌で「味噌汁」も作ってみました。
味噌汁の具としては「大根」が一番合うようです。

漬け込んだ「梅の実」の方は、どうやって調理するか思案中です。


nice!(0)  コメント(0) 

三島のウナギ [グルメ・料理]

前回のブログの続き、修善寺温泉に行く途中、三島に寄って
ウナギを食べるのが楽しみです。
前回は定休日だったので、今回は3年ぶりくらいでしょうか。

久しぶりの老舗「S」に行くと11時半にもかかわらず行列になって
いました。
しかし、意外と早く席に通されたのは初めての3階席です。
注文後長く待たされれるのを覚悟していたのですが、今回はかなり
早く出来てきました。
まわりを見ていると、他の方も皆早く出来てきています。
unagi.jpg

待望の「鰻重」「鰻丼」、さすがに相変わらず美味いのですが、
以前とちょっと違った感じがします。
ここの「かば焼き」は周りがかなり香ばしく、中がふっくら、この
「香ばしさ」が特徴と思っていたのですが、今回はこの香ばしさが
足りません。

以前のように手間をかけていたのでは、大勢押しかけるお客の対応が
できず、効率良く大量調理をしているのでしょうか。
確かに待ち時間が少ないのは良いのですが、ちょっと残念でした。


nice!(0)  コメント(0) 

「暑さ」に負けず! [グルメ・料理]

今年は例年より早く真夏に突入です。
夏の熊谷と言えば、日本1,2を争うほどの気温の高い地域です。
この暑さきびしい熊谷に、時々いやいや出かける用事があるのですが、
唯一救いがあります。
それが、藪伊豆の「鴨汁せいろ」です。
これが食べられると思うと、暑さの中出かけるのもあまり苦になりません。
江戸前風の細切りそば、ちょっと濃いめのそばつゆに鴨の油がほんのり
浮いて、思い出しただけで唾が出てきます。
yabu01.jpg

私は「鴨汁せいろ」が好きで、色々なところで食べるのですが、蕎麦と
そばつゆのバランスが難しく、私の好みに合ったものがなかなかあり
ません。
ここは私の中では1,2を争ううまさです。
また、「鴨・ねぎ」というように鴨汁には「ねぎ」が必須ですが、この鴨汁
に入っているねぎは焦げ目の入った「焼きねぎ」なんです。
ねぎをちょっと炙ると甘みが出て、ねぎの臭みも薄れます。
私に知る限りではきちんとねぎを炙っているのはここだけでしょうか。
この焼きねぎが、鴨汁の主役の鴨肉をしのぐほどのうまさなんです。
yabu02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ほし物語「葡萄(ぶどう)」 [グルメ・料理]

サザンの10年ぶりのニューアルバム「葡萄」と時を同じくして
ほし物語「葡萄」*を入手しました。

hosi02.jpg

以前、本ブログで紹介した「ほしのこまち」と同じ会社が新発売
したもので、新しい特許製法で作られた「干しぶどう」です。

従来の干しブドウとは全く違った外観ですが、干しブドウ特有の
凝縮した甘さを持つ一方、生のブドウに近いジュゥシーさを兼ね
揃えるという独特の美味しさです。

「おやつ」や「デザート」としてはもちろん、独特のちょっと酸
味のあるとろける甘さは、ワインやウイスキーの「おつまみ」
してもピッタリです。

これをつまみながら、美女とワインを傾けたら最高でしょうね!
(「干し」の効いた家内じゃ…)

hosi03.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「のりトースト」にピッタリ! [グルメ・料理]

「のりトースト」って簡単に作れるようですが、意外と難しい所が
あるんですよ。

トーストの厚切りを使うと、トーストの味が勝ってのりの風味が薄
れたり、醤油をつけすぎるとしょっぱくなったり、のりの香ばしさ
が薄れてしまいます。

最近、近所に「食パン専門店」ができました。
ここの普通厚さの食パンをトーストにすると大変美味しいんです。

もちもちした食感がのりトーストに良いのではないかと早速試して
みました。
ここで登場するのが、最近流行の「酸化防止容器入りの生醤油」、
一滴ずつ出せるので付けすぎがありません。

この食パンと生醤油の組合せこそのりトーストにピッタリ、この朝食
が当分続きそうです。
CIMG9628.jpg
CIMG9629.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

海苔(のり)トースト:喫茶店流(8) [グルメ・料理]

東京12件目の「のりトースト」は、門前仲町の「エスポワール」です。

ステンドグラスのガラスを買いに行った帰りに深川不動に寄りました。

深川不動は時々行くのですが、いつも立ち寄るのは「近為」のお茶漬け
「三河」の麦とろです。
今回は老舗喫茶店の「エスポワール」を初めて訪れました。

重いガラスを背負ってエスポワールに入ってみると、平日の昼なのに
お客でいっぱいです。
皆さんサンドイッチを注文しており、どうやらそれが売りのようです。
しかし、私は今回で12件目の海苔トーストとして、ちょっと亜流です
「のりチーズトースト」とブレンドコーヒーを注文しました。

「のりチーズトースト」には「ミニヨーグルト」と、なんと「ごぼうの漬物」
が付いているのが面白いです!
肝心のトーストは、トーストの上に海苔をちぎって散らし、その上にチーズ
を載せて焼いてあります。
大変美味しいのですが、溶けたチーズの味が勝って、海苔の香りや味が
よく分かりません、ブレンドコーヒーも大変美味しいのでちょっと残念。

CIMG3363.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

海苔(のり)トースト:喫茶店流(7) [グルメ・料理]


久しぶりの海苔トースト11件目は、北千住の「千住宿 珈琲物語」です。

北千住の駅からかなり離れた場所にありますので、あまり期待していな
かったのですが、訪れてみるとびっくり!
お店の前にはずらりと自転車が並び、広い店内はほぽ満員です。

千住宿2.jpg

トーストを含んだランチセットもあるようでしたが、昼食前でしたので
カフェオレとミルクティー、海苔トーストを注文しました。

飲み物2つはすぐ出てきたのですが、海苔トーストは時間がかかってい
ます。
さて、やっと出てきた海苔トーストは、山形食パン2枚の間に海苔を挟
んだサンドイッチタイプです。
6個に切ってありますが、1つづつに挟まれた海苔が中で2つに切れて
います。

半分に噛み切った時に、海苔が引き出ないように手を掛けているんです。
サンドイッチの上に散らした刻み海苔といい、良い仕事してますね!
バターたっぷりで、トースト具合、控えめな醤油具合も良く、これでは
時間がかかるのもうなずけます。
今までの11件中の1、2位に相当する味です。

カフェオレとミルクティーも美味しく、カップやお皿、ミルク容器も
素晴らしい陶器です。
自宅からは遠いですが、是非もう一度訪れたいです。

千住宿.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「ほしのこまち」 [グルメ・料理]

一昨日、究極の皮付き干し芋「ほしのこまち」を入手しました。

干し芋が大好きでいろいろ買うのですが、これは普通の干し芋と全く違った味です。

器量は良くないのですが、ねっとりと甘味が強く、餡子のような、干し柿のような
不思議な味で、すっかり気に入ってしまいました。

早速、製造元に電話を入れて追加注文をしました。

製法は特許出願中とのことで、今までの干し芋の作り方とはかなり違うようです。
皮ごと食べられるとのことですが、私は皮を剥がしたほうが美味しいですね。

「ほしのこまち」(星の小町?)という名称も商標登録申請中とか…
「星」と「干し」を懸けているんでしょう。

こんなに美味しいんですから、私の好きだった漫画「おセンチ小町」(うしおそうじ作)
のキャラクターに星のかんざしを付けさせて、アイドルキャラクターとして袋に
印刷して欲しいですね!

komati-01.jpg
komati-02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

天麩羅考 [グルメ・料理]

先月、クルーズ旅行の途中、室蘭港に入港しました。
クルーズ船のフルコース料理にも飽きて来たところ、昼食は室蘭の街で久しぶり
の和食を取ろうと出かけました。
北海道の港の傍と言えば寿司のような海鮮ですが、天麩羅好きの私としては、室蘭
名物の江戸前天丼天麩羅そばにチャレンジ。
しかし、結果的には天丼は少し残して、回転すし屋で2度目の昼食となりましたが。

天勝.jpg

ここでちょっと私の天麩羅考、一口に天麩羅と言っても色々ありますね。

天婦羅定食のように天麩羅とご飯を別に食べる時の天麩羅でも、江戸前のちょ
 っと衣が厚く胡麻油が勝っているものや衣が薄くサラダオイルが勝っていてカ
 ラッと軽く揚がっているものがあります。
 私も若い頃はちょっと重めの天麩羅が好きでしたが、最近はもっぱら軽いもの
 が好みです。

・また、天丼のように、タレにくぐらせた天麩羅をご飯と一緒に食べる場合も、
 天麩羅を強めに揚げておき香ばしさを残すお店と、天丼に蓋をして蒸らし、
 天麩羅にタレをしっかりまわしてしっとりさせるお店があります。

天ざる天盛りは、天麩羅定食と同じように天麩羅と蕎麦を別に食べるのです
 が、蕎麦汁で天麩羅を食べさせる店が多いです。
 やはり天つゆ蕎麦汁はそれぞれに合うよう別に用意して欲しいですね。

天ぷら蕎麦はかなり難しいです、天麩羅定食の様に揚げた天麩羅では、かけ蕎麦
 に入れた場合衣がすぐグズグズになってしまい天麩羅の香ばしさが無くなって
 しまいます。(天そばの「抜き」にはこの方が良いという人もいますが…)

 私の父親がずっと通い、私も良く行く蕎麦屋の天麩羅蕎麦は、ちょっと強めに
 揚げた天麩羅とかけ蕎麦を別に持ってきます。
 今、流行りの凝った手打ち蕎麦ではなく、ごく普通の町のお蕎麦屋さんの蕎麦
 ですが、揚げたての天麩羅と絶妙のコンビで、天麩羅を一つづつかけ蕎麦に放り
 込み、香ばしい天ぷらを一口噛んでは蕎麦をすすり込むのは至福の時です。

大勝庵02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中国旅行のお弁当 [グルメ・料理]

6月に出かけた九寨溝・黄龍旅行では、色々お弁当を食べる機会がありました。
日本のお弁当との違いは?ちょっとご紹介してみましょう。

朝.jpg

早朝出発により、ホテル朝食が間に合わなかった時のために出た「朝食弁当」です。
ザーサイと魚肉ソーセージは手が出ず、うすら甘いパン一口と「茶卵」と水だけで
満パイになってしまいました。

昼.jpg

飛行機の遅れで航空会社が支給してくれた「昼食弁当」です。
ご飯がたっぷりのお弁当ですが、前回ご紹介したイーちゃん、ハオくんは完食して
いました。
私は、全部一口づつ試食しただけで降参。

夜.jpg

飛行機は更に遅れて、同じく航空会社から支給された「夕食弁当」です。
肉団子に餡がかかっており、ゆで卵やチキンカツもついた豪華版(?)です。
チキンカツ1個と水だけでお腹いっぱい。
私はどうもハードな旅行に向いていないようで、お陰様で今回の旅行でお腹が少し
凹みました
nice!(0)  コメント(0) 

天丼求めて日本橋へ [グルメ・料理]

昨日は久しぶりに天丼が食べたくなり、シトシト雨の中日本橋の「金子半之助」
まで出かけました。
昨年の3月11日、ここから自宅まで5時間歩いて帰ったのを思い出します。

半之助は、いつも大行列が並んでいるのですが、雨のせいか5人だけでした。
あまり待たずに2階席へ、なんと言ってもここの天丼は美味くて安い!(880円!)

大根とガリごぼうの漬物が食べ放題、家内が不得意なアナゴを鱚に換えてくれる
のも良いですね。

ご飯の量が小、中、大盛りを選べるのですが、出来上がりは丼の大きさも変わらず
みな同じに見えます。
食べ終わって気づいたのですが、丼の底の厚さが3通りあるのが面白かったです。

食後はすぐそばの「ミカドコーヒー」へ。
ここの「モカソフト」乳脂肪分が少ないのでしょうか、さっぱりしていて天丼の
デザートにはぴったり。

カップタイプとコーンタイプが選べて、カップにはミカド特製の「プルーン」が1個
付いてきます。
しかし、ソフトクリームで舌が冷たくなってプルーンの味が良く分かりません。

帰り際に「ミカド特製プルーン瓶詰」を買って、自宅に帰ってからゆっくり
楽しみました。

mikado.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

海苔(のり)トースト:喫茶店流(6) [グルメ・料理]

海苔トースト探訪も10件目、今回は御茶ノ水の喫茶店「いしい」です。

今回は「のりトーストセット」を頼んでみました。
セット内容はのりトーストと、ポテトサラダ、コーヒーの3点です。
肝心ののりトーストは厚切りトーストを4つに切って、夫々に海苔を
載せたものです。

お醤油控えめ、海苔の香りも残り、今は無き日本橋「ラ・メール」の
のりトーストに匹敵する美味しさでした。
今まで10件の「のりトースト」のうちでも上位にランクされます。

なお、ポテトサラダとコーヒー、紅茶はごく普通でしょうか。
紅茶のミルクが温かくなっているのはきちんとした仕事ですね。

そろそろ今まで食べたのりトーストのランク付けをしたい所ですが、
営業妨害になるといけないので、今までの「のりトーストブログ」リストを下記に記します。
これ等を見れば大体のランクがお分かりになると思います。

左サイドの「検索ボックス」」に「海苔トースト」と入れ検索すれば下記11記事が一度に見られます。

10件目 2011年  5月25日 御茶ノ水「いしい」
 9件目   〃   2月24日 赤坂  「寧楽」
 8件目 2010年  5月23日 神楽坂 「パティオ」
 7件目   〃   4月 9日 平河町 「可否道」
 6件目   〃   4月 1日 築地  「さかえや」
 5件目   〃   2月18日 柳橋  「ときわ」
 4件目   〃   2月10日 溜池山王「パンジー」
 3件目 2009年  3月18日 浅草  「しゃん」
 2件目   〃   1月29日 神田  「エース」
 1件目 2008年  12月27日 日本橋 「ラ・メール」
 0件目   〃   12月20日  ?  「岡村屋流」

otya02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海苔(のり)トースト:喫茶店流(5) [グルメ・料理]

久しぶりの海苔トースト9件目は赤坂の喫茶店「寧楽」です。

この難しい漢字、万葉集に出てきましたね、「なら」と読むん
です。
赤坂の某所にあって、全く目立たない喫茶店です。
ステンドグラス材料買いの帰りに立ち寄りました。

ここの海苔トーストはサンドイッチタイプで、画像でご覧の通り
いかにも家庭でいつも食べる海苔トーストといった感じです。

お醤油も控えめでなかなか美味しくいただけました。
コーヒーとミルク紅茶も美味しかったです。

6人ほど座れるテーブル1つと5人席のカウンターのみ。
入る時、営業していないのかと思われる処ですから、お客は我々
夫婦2人のみ。
古びた本棚と色々な趣味の飾り棚が2つ、上がりがまちのような
畳敷きのちょっとした腰掛?

まるで昔の実家に帰ったようで、こんな所が赤坂にあるんだ!
一人で切り盛りしている妙齢の店主と40分ほど昔話に花を咲か
せました。
ここは私の秘密の場所にしておきましょう!

nara.jpg
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

海苔(のり)トースト:喫茶店流(4) [グルメ・料理]

海苔トースト8件目は神楽坂の喫茶店「パティオ」です。

神楽坂の狭い路地の一角にあるひっそりと目立たない喫茶店です。
久しぶりに訪れた東京タワーの帰りに立ち寄りました。

ここの海苔トーストはオープンタイプで、バタートーストの上に
「味付け海苔」を乗せてあります。
お醤油は塗ってありませんがバターと味付け海苔の味が合ってい
て、大変美味しくいただけました。
今は無き「ラ・メール」の海苔トーストと良いとこ勝負でしょう。

一緒に頼んだ「のりチーズトースト」は、海苔とチーズの薄切り
をバタートーストでサンドイッチしたものですが、チーズの味が
勝ってしまい味はいまいちです。

海苔トーストもコーヒーも美味しいのですが、店内の水槽にいる
大きな亀が不気味にもがいており、落ち着いた店内の雰囲気に合
わないのが残念でした。

海苔トーストレポートもそろそろネタ切れです。
このブログをご覧になった方で御存知の方がおられましたら、ぜ
ひコメント欄からお知らせください。
patio01.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海苔(のり)トースト:喫茶店流(3) [グルメ・料理]

海苔トースト7件目は平河町の喫茶店「可否道」です。

官庁街の一角にあるコジャレた喫茶店です。
千鳥ヶ淵のお花見(素晴らしかった!)の帰りに立ち寄りました。

ここの海苔トーストはサンドイッチタイプですが、厚切り食パン
の間に切れ目を入れてからトーストし、その切れ目に醤油を塗っ
た海苔を挟んでいます。

海苔の繊維の向きをトーストと直角に挟んでいますので、うまく
噛み切れずに海苔が出てきてしまうようなことはありません。
大変美味しく、今まで食べた中では3本指に入るでしょう。

一緒に頼んだチーズケーキも美味しく、コーヒーは好きなカップ
とブレンドを選んで、豆引きから始める本格派です。
(画像のケーキは美味しさに思わず食べた残りです。)

お店は半地下で、長いカウンターの落ち着いた雰囲気、是非また
行ってみたいと思います。
kahidou.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海苔(のり)トースト:市場流 [グルメ・料理]

海苔トースト6件目は築地場外市場の「さかえや」です。

築地場外市場はよく行くのですがここに立ち寄ったのは初めてです。
屋内ではなく、場外の通路に面したオープンカウンターで5,6人
しか座れない小さなお店です。

築地に仕入れに来た業者がちょっと立ち寄って焼肉丼やカレーライス
をかっ込んだりコーヒーを飲んだりするといった所でしょうか。

ここの「海苔トースト」は厚切りトーストを4つにカットして夫々に
両面を醤油に浸した小さな海苔を載せてあります。
使っている海苔は、我が家がいつも買っている築地の海苔屋さんのも
のです。
海苔が醤油で塗れているので噛み千切り難く、手で抑えながら食べて
くださいとのことでした。

味はまあまあなのですが、厚切りトーストには海苔が小さく、もっと
大きい海苔をおごって欲しいですね。
一緒に頼んだ「ミルクコーヒー」は、量もたっぷりで大変美味しかっ
たです。

nori-6.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海苔(のり)トースト:スナック流 [グルメ・料理]

海苔トースト5件目は柳橋のスナック「ときわ」です。

JR「浅草橋」から7~8分、地元の方がよく行かれるスナック兼
カフェのようで、昼にはランチ定食もあります。

岡村屋の菩提寺が蔵前にありますので、浅草橋はたびたび通るので
すが「ときわ」を訪れたのは初めてです。

当日は、御徒町そばの「天正」でお昼の天丼を食べた後でしたので
ランチは省略、コーヒーと「海苔トースト」を注文しました。

ここの「海苔トースト」は、トーストの間に海苔を挟んだサンドイ
ッチタイプで、ゴマを振ってあるのが特徴でしょうか。

海苔には醤油が塗ってあるのでしっとりしていて、うまく食い千切
らないと海苔が出てきてしまいます。
サンドイッチタイプの味としては、神田の「エース」と浅草の「シアン」
の中間といったところです。

コーヒーは酸味が強く、私好みではありませんでした。
パック入りのクリームは、古いせいかダマになっているのが残念。

100217ときわ1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の20件 | - グルメ・料理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。