So-net無料ブログ作成

僕の「ジャングル大帝」 [漫画]

ホームページのお宝に手塚治虫の「メトロポリス」をアップしたところで・・・
手塚の漫画で強烈な印象があったのが「ジャングル大帝」です。

昭和26年当時、月刊雑誌に長期連載漫画はありましたがいずれも1~2回で終わるエピソードを繋げたものでした。
その時、月刊誌「漫画少年」に大河小説に匹敵する構想を持ったストーリー漫画「ジャングル大帝」が連載されたのです。
毎月の発売日には、レオの王国は?ケン一とメリーの運命は?ムーンストーンって?と胸を躍らせて本屋に駆けつけました。

数十年後にTVのアニメで再ブームになりましたアニメのジャングル大帝は幼児用に焼きなおした全く別物です。

戦後まだ6年、漫画の舞台のアフリカは猛獣と土人が跋扈する暗黒大陸としか思っていませんでした。
そこを舞台の大長編連載漫画、食や娯楽に飢えていたあの時代を実際に生活していたものでなければあの興奮は絶対分らないでしょうね。
それとも私が未だに少年時代から成長できないのでしょうか?
今年は「ジャングル大帝」の舞台アフリカに行ってきましょう!


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

rin

はじめまして。この『ジャングル大帝』は始めて見ました。ありがとうございます。

コミックで見た漫画少年版は文章が全部吹き出しに入ってたのですが、これもほかのページはそうなっているのですか? 
by rin (2013-09-24 11:15) 

JE1NVU

私の拙いブログをご覧になって頂き有難うございます。

このジャングル大帝は小学館版で、巻頭部分はあとから
付け足したものかと思います。
もちろん、巻頭以後は吹き出しセリフです。

子供の頃見たジャングル大帝の強烈な印象のおかげで
南アフリカにも行って来ました。
http://homepage2.nifty.com/okamuraya/minami.html

by JE1NVU (2013-09-25 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。